腸を動かす運動

便秘と腹筋には深い関係があり、排便時には腹筋の力が必要ですし、腹筋がないと内臓を支えられず胃下垂になってしまいます。

胃腸が下がっていると、腸も十分な動きができなくなり、便秘を進めてしまいます。

まずは日頃からの運動不足を解消して、毎日少しずつでも続けられる体操を取り入れて腹筋をつけていくことが、便秘解消法のひとつです。

腹筋がないために胃腸が下がっている人が便秘になりがちなのは、からだの下の狭い部分に腸がぎゅうぎゅう詰めに収まっていて動きにくいためです。

このタイプの人の便秘解消法としては、腹筋をつける運動に合わせて、腸を適切な位置に戻す体操も取り入れると効果的です。

単純な方法ですが、逆立ちは下垂した胃腸を戻すために効果があります。

肩と頭を床につけ、両手で背中から腰のあたりを支えながら足を上げていきます。

なるべく垂直になるように膝を伸ばしましょう。

この運動には、腸を刺激する効果もあります。

自転車こぎ運動も腸を刺激します。

逆立ちの姿勢から、自転車のペダルをこぐように左右の足を回転させます。

つま先まで伸ばして行なうことを意識してください。

上体をひねる運動や、ラッコ体操も腸を適切な位置に戻し腸を刺激する効果があります。

ラッコ体操とは、膝を曲げて背中を丸めた状態で膝を抱えて座ります。

そのままゆっくり後ろに倒れ、反動を使って前後に2〜3回ゆすってもとの姿勢に戻します。

無理のない範囲でこれらの運動を取り入れて、どんどん腸を刺激して動かしましょう。