ヨーグルトを食べる

毎日ヨーグルトを食べる、これは便秘解消法の中でもとてもメジャーな方法です。

テレビCMでも「お腹が張っちゃって・・・」「そんなときにはこれ!」とヨーグルトの宣伝をしています。

ヨーグルトがなぜ便秘解消法として有効なのでしょうか。

それはヨーグルトによって腸内の善玉菌である乳酸菌を増やすことができるからです。

ヨーグルトに含まれる乳糖が、ビフィズス菌など乳酸菌の食べ物になるのです。

ビフィズス菌などの乳酸菌には、腸の蠕動運動を活発にする働きだけでなく、からだの免疫力を高めたり悪玉菌を抑制したり、がんを予防する働きなどもあります。

健康な腸も、悪玉菌より乳酸菌などの善玉菌が優勢になっていることで保たれます。

しかし乳酸菌の寿命は短いのです。

そのため、毎日ヨーグルトを食べ続けることが大切になってきます。

しかし朝食をヨーグルトだけにする、というのはよくありません。

食事量が減ってしまうと、便を十分に作ることが出来ず、便秘解消どころか別の問題も出てきてしまいます。

主食と汁物、野菜を摂った上でヨーグルトも食べるようにしましょう。

ヨーグルトばかりだと飽きてしまう、という人は、時々シリアルにヨーグルトをかけた朝食にしてみたり、ヨーグルトアイスや飲むヨーグルトなども取り入れるとよいでしょう。

また乳製品が苦手という人には、粉末状のビフィズス菌も発売されています。

毎日補給したいものですので、これらの健康食品を利用するのもひとつの手です。