整腸作用のある食べ物

にんにくがからだによいことはみなさんよく知っていることと思います。

あの独特のにおいからも、なんだかパワーが出ている感じがしますよね。

実は、にんにくは疲労回復だけでなく、不眠症の改善や生活習慣病の予防、そして便秘解消法としても効果があるのだそうです。

におい成分であるアリシンが、腸の蠕動運動を活発にし、また腸内のビフィズス菌を増やすこともできるのだそうです。

しかしからだによいからと、にんにくを食べ過ぎるのは負担をかけてしまいます。

毎日食べることを習慣にするのなら、1日1かけ程度にしたほうがよいでしょう。

ほかに整腸作用がある食べ物として、りんごがあります。

お腹をこわすとりんごのすりおろしやくず煮などを食べて治した経験はありませんか?

お腹をこわす=下痢に効果があるということは、整腸作用に優れているからであって、もちろん便秘解消法としても有効です。

りんごに含まれるペクチンやりんご酸、またくだもの全般に含まれる果糖が腸を刺激して蠕動運動を高めるのです。

特に皮には食物繊維であるペクチンが豊富に含まれていますので、便秘解消のためにりんごを食べるのであれば、皮ごと食べてください。

皮ごとすりおろしたりんごとヨーグルトを混ぜて朝食に食べるのも効果大だと思います。

下痢のときには皮をむいて食べるほうがよいかと思います。

健康のために、お腹のために、これらの整腸作用のある食品を日々の食生活に上手に取り入れてくださいね。