オリゴ糖を摂ろう

便秘解消法の一つとして毎日ヨーグルトを食べてお腹の中のビフィズス菌を増やすという方法は前にもお話しました。

ビフィズス菌などの乳酸菌は寿命が短いため、毎日補給してあげる必要があるのです。

しかしヨーグルトなどでビフィズス菌を補うというほかに、もともとお腹の中に住んでいるビフィズス菌を増やすための食品を摂る、というのもひとつの便秘解消法です。

お腹のビフィズス菌を増やすには、エサとなるオリゴ糖を摂るのが有効です。

オリゴ糖と聞くと「甘い」というイメージがありますね。

実際、オリゴ糖と言う商品名の甘味料も発売されています。

このような人工甘味料としてお菓子類に添加してあるものも市販されています。

しかしオリゴ糖は甘いものだけでなく、普通は甘みを感じない食べ物にも含まれているのです。

例えばねぎや納豆です。

そのほかにもゴボウやたまねぎ、大豆、バナナ、アスパラガスにもオリゴ糖が多く含まれています。

オリゴ糖はヨーグルトと一緒に摂ると効果的です。

また人によってはオリゴ糖を摂り過ぎるとお腹が下ってしまうこともあるようです。

様子を見ながら、少量から試してみるとよいかと思います。

オリゴ糖や食物繊維が含まれたおやつとしておすすめなのが、寒天みつ豆や甘栗、アロエヨーグルト(甘味料としてオリゴ糖をプラス)、ポップコーンなどです。

飲み物ではココアがおすすめで、カップ1杯に食物繊維がおよそ2グラムも含まれています。

ただし甘さは控えめにしてくださいね。

日々の楽しみであるおやつも、少し内容を考えることで便秘解消に有効な食べ物になります。