アルコールによる刺激

飲み会の翌日にはきまって便が緩くなる人、いませんか?

とくにビールをたくさん飲んだあとに下痢をする人が多いようです。

このように、適量のアルコールは便秘解消法として役立つこともあります。

お酒を飲みすぎると下痢になり便が緩くなるので、アルコールには便をやわらかくする作用があると思っている人もいるかもしれません。

しかしこれは、アルコールによって腸が刺激され、便の水分が吸収される前に排出されてしまっているからなのです。

アルコールは腸だけでなく内臓を刺激します。

そのため飲みすぎると胃腸を荒らすだけでなく肝臓を傷めてしまうこともあります。

ただし適量の飲酒は薬にもなると言われるように、適度なアルコールはストレス解消に役立ち、まったくの悪者ではないのです。

便秘解消法としても有効なひとつの手段だと思います。

アルコールの中でもビールは炭酸が胃腸を刺激するので、ワインや日本酒に比べて便秘解消には向いていると言えるでしょう。

また飲酒は水分補給としても有効なのですが、お酒を飲むことによって食事の内容や時間帯が乱れないように注意が必要です。

お酒を飲むときのおつまみにも工夫したいところです。

枝豆や冷奴などの豆類、海藻の酢の物、おでんで根菜を食べるようにするとよいですね。

スパイスの効いた肉料理はビールにとても合いますが、肉に偏った食事は腸内の悪玉菌を増やしてしまいます。

またいくらお酒が腸を活発に動かすからと便秘解消法を言い訳にして、浴びるようにお酒を飲むのは問題外ですよ。