便秘を放っておく

本当は便秘ではないのに自分は便秘だと思い込んで不必要にいろいろな便秘解消法を試している人がいる反面、便秘の症状があるにも関わらず「たかが便秘、いずれ治るだろう」と安気に構えている人も意外と多いものです。

便秘を放っておくと肌の調子が悪くなることを気にする女性はいますが、肌荒れやお腹の張りだけでなく、便秘は大腸がんやポリープの原因にもなりかねないのです。

実は便秘と大腸がんはおおいに関係があります。

便が長く腸内にあるとガスだけでなく活性酸素も発生します。

活性酸素が発生すると腸の細胞を刺激して変性させ、腸内細菌のバランスを崩してしまいます。

腸内細胞は免疫にも関わっているため、便秘によって免疫力が落ち、がんが発生しやすくなるということも考えられるのです。

排便時に出血がみられると「痔だろう」と自己判断してしまう人がいますが、大腸がんを疑って病院を受診することをおすすめします。

大腸がんの中でもS状結腸にがんができると便の表面に血液がつくことが多いです。

また直腸がんでは便に鮮血がつくことが多いのです。

しかし痔と便秘の関係も見逃してはいけません。

便秘をすると腸内に便が長い時間留まることで水分が吸収されて便が硬くなります。

これを無理に排便すると肛門が切れ、いぼ痔になり、今度は痛みを避けるために排便を我慢してさらに便秘を悪化させてしまうことになります。

便秘から他の病気を招かないためにも「たかが便秘」と軽く考えず、自分に合った便秘解消法ですっきりとしたお通じができるようにしてください。