朝食をしっかり摂る

仕事や付き合いが忙しく、夜遅くに帰宅、お風呂に入って寝る、朝起きて身支度したらすぐ出勤、と朝食を摂らずに一日をスタートさせてしまう人が多いようです。

目覚めてすぐになんて食欲がわかない、というのもわかりますが、朝食抜きは便秘の大きな原因となっています。

便秘解消法の一つとして、まずは朝食を摂る習慣をつけましょう。

朝、目覚めてしばらくすると、普通は空腹感が起きてきます。

ここで食欲がわかないと言う人は、前の日に遅い夜食を摂っていませんでしたか?

食事の時間がもともと不規則では、朝食がお腹に入らなくても当然かもしれません。

朝、空腹感を覚えて朝食を摂るためにも、生活リズムを整えることが第一でしょう。

リズムを整えるには、早めに寝ることから始めるとよいです。

睡眠が足りればいつもより早く目覚め、朝食も摂れ、胃腸も動き始めます。

朝食が済んでしばらくすれば便意が起きてきますが、それまでの時間を家で過ごすには、出かける前に1時間以上とれるゆとりを持って起きたいものです。

朝は忙しくて調理をしていられない、という人は、前の夜のうちに準備をしておいて、朝は温めるだけにしておくと気分的にもらくに朝を迎えられます。

コーヒーとパンだけではなく、もう少し頑張って野菜やフルーツ、目玉焼きなどを添えたいですね。

生活リズムを整え朝食をしっかり摂ることは、健康的な毎日を送るためにも大切なことですが、便秘解消法としても有効な方法なのです。